MENU

「モコモコ泡」の作り方

スッピンに自信が持てる「モコモコ泡洗顔」!誰でも簡単に「モコモコ泡」が作れちゃう泡立てテクニックをご紹介!

「モコモコ泡」の作り方

洗顔時、手で顔を
ゴシゴシこすり洗いしていませんか?
お肌のためにはキメの細かいモコモコ泡で
そっと洗うことが重要です。
ここでは、そんな「モコモコ泡」を作るための
簡単なテクニックをご紹介します。

「モコモコ泡」洗顔は
スッピン美人への第一歩!

キメの細かい「モコモコ泡」が、なぜお肌にいいのかというと、それは「モコモコ泡」がお肌の汚れを浮き立たせるから。そのため、ゴシゴシこすらなくてもきちんと汚れが落ちるので、お肌への負担が減少するのです。また、泡のキメが細かいと、小さい毛穴の汚れもしっかりと落とせます。「カウブランド赤箱」のように、ミルクバターやスクワランといった天然の保湿成分が含まれている石鹸で作った「モコモコ泡」は、お肌の乾燥を抑えられるので、洗顔後特有のツッパリ感が緩和されます。

スクワランとは

時短で簡単!泡立てネットで作る「モコモコ泡」

手っ取り早く簡単に「モコモコ泡」を作るなら泡立てネットを使うのが一番です。

手に油分や汚れがついているときれいな泡が作りにくいので、まずは石鹸で手を洗います。
ぬるま湯で濡らした泡立てネットで、石鹸をこすりながら揉み込むように泡立てます。
ネットから手に泡を絞り取り、泡に少しお湯を足してさらに揉み込みます。

▼ POINT
お湯を一度にたくさん加えるときめ細かい泡にならないので、数回に分けて少しずつ足していきましょう。
両手でそっともみ潰して、大きな泡を消していきます。
すると、キメの細かい「モコモコ泡」が完成!

素手でも作れる「モコモコ泡」

「使用したネットを
清潔に保管するのが大変!」
という方のために、
素手で「モコモコ泡」を作る方法を
ご紹介します。

手に油分や汚れがついているときれいな泡が作りにくいので、まずは石鹸で手を洗います。
手を洗う時のように、手のひら全体で石鹸を何度もこすりながら転がし、泡を作ります。
片方の手にくぼみを作り、受け皿のようにして泡を乗せます。そこに少し水を足して、泡の表面を撫でるように指先で泡立てます。

▼ POINT
泡立てる時は、空気も一緒に混ぜるような感覚で、大きく泡立てることを意識して。
手の泡を集めて大きな泡を両手でそっと潰します。この時、両手に少し隙間を作り、そっと優しく潰すのがポイント。
③・④の過程を何度か繰り返すと、素手でも「モコモコ泡」を作ることができます!

いかがでしたか?
洗顔には、泡の「量」だけでなく
きめ細かい泡の「質」も大事なので、
お肌に優しい「モコモコ泡」を使って、
すっぴん美人を目指しましょう!